前へ
次へ

スキンケアの歴史は、いつからか、その裏話

スキンケアの歴史が始まったのは、いつからなのかは、実際の話、よくわかりません。なぜならば、古代の人の中には、乾燥から肌を守るために動植物の油を使っていたためです。スキンケアと呼べるかどうか分りませんが、日本の縄文時代においても、肌に関心があり、魔よけなどとして化粧を行い、守る意識はありました。現在に繋がる、スキンケアの歴史の始まりは、江戸時代からだと言われています。江戸時代においては、小豆の粒入りの袋を使って顔を洗うと美肌に良いと流行っていたのです。明治時代に入ると、公衆衛生に対する意識も高まり、清潔に対する意識が庶民にも表れ出しました。戦後は、求めるニーズも多様化する中で、様々な商品が現れたのです。現在のスキンケアの傾向としては、美に対する意識のみならず健康や長寿も加わり、新たな時代を迎えようとしています。言葉の意味としては、肌を守る意味が強くありますが、健康を意識する中で関心を持つ人が増えていくかもしれないでしょう。

Page Top