前へ
次へ

スキンケアの基本となる正しい洗顔方法

スキンケアの最も基本は、毎日の洗顔です。いくら高級な化粧品を使いエステに通っていても、間違った洗顔方法では美肌を目指すことができません。日々の生活において、埃や排気ガス、さらに煙草の煙やメイクなどにより肌は汚れています。丁寧な正しい洗顔を行わなければ、良い肌の状態を保つことができないのです。汚れを落とすために、ゴシゴシと肌をこすって洗う人も見られます。しかしながら過度な摩擦は、肌への大きなダメージとなります。洗顔は肌をこするのではなく、優しくマッサージするように行いたいものです。洗顔剤や石鹸は手の平でよく泡立ててから、汚れを浮き立たせるようにしてサッと洗い流しましょう。洗顔剤を顔に付けた状態で時間をかけて洗うのもおすすめできません。また熱湯を使っての洗顔は控えるべきです。熱い湯は、肌に必要な脂分までを流してしまいます。ぬるま湯で洗うのが望ましいでしょう。洗顔後は肌が乾燥しやすくなるので、1秒でも早く保湿ケアを行うことも重要です。化粧水や乳液を付けて保湿して、乾燥が気になるときは美容液もたっぷりと浸透させるようにします。洗顔後は毛穴が開いているので、スキンケア用品の栄養成分も角質の奥へと入り込みやすくなります。洗顔剤選びにおいても、できるだけ刺激の少ない天然成分のものを使うと良いでしょう。毎日行う洗顔だからこそ、面倒臭がらずに正しいやり方を習慣付けたいものです。

Page Top